トップ

法律の改定について

法律の改定を知る必要は

新しい法律を知るには官報を

法律は毎年新しいものが生まれ、今まで有ったものが変化します。特に、税法などは毎年必ず変わっていきますし、規制立法は社会事情に合わせて頻繁に生まれていきます。これらは、時間が経てば六法や書籍に掲載されますが、サイクルは一年ごとなどある程度時間がかかるため、常に現在の法律が載っているわけではありません。新しく生まれたり変わったりした場合は、その都度官報に掲載されるので、全容を知りたい場合は図書館などで調べると良いでしょう。また、総務省が運営している法令データ提供システムは、頻繁に更新されるのでそれで確認するのも良いです。ただし、すぐに変わるとは限らないので、いつの時点のデータかは確認すべきです。

新しい法を学ぶ必要があるのか

中学校までの義務教育で、生きていく上で必要な法律の知識はしっかりと身についているはずです。しかし、特殊な職業についたり、自分で会社を経営しようなどと考えている人は、自分でしっかりと勉強をしなければなりません。また、インターネットの世界などはめまぐるしく進歩しており、今後新しい法律が次々と作られるかもしれません。インターネットの世界でトラブルに巻き込まれたり、知らず知らずのうちにルールを破ってしまわないためにも、新しいルールは勉強しておいたほうがよいでしょう。現在はインターネットで検索をすれば知りたい情報がなんでも出てくる時代なので、有効活用しましょう。

↑PAGE TOP